2019年度の賃貸市況 ≪1月・2月≫

分譲マンションにおける賃貸物件は堅調、それ以外の賃貸マンションやアパートは厳しい状況となっています。
賃貸市場の二極化傾向(都市部は横ばいから微増だが、郊外は人口増加の要因が無い為、供給が需要を明らかに上回っているので 空室増加と賃料下落が進んでいる。)に加え、入居者ニーズも明らかに変化しています。
『無料インターネット』や『24時間対応のゴミ置き場』、『遮音性の高い窓』といった希望がとても多くなりました。
設備のレア度に快適性が加われば 満足度が高まり 入居の長期化に繋がり これらは結果として他物件との差別化になってきています。

カテゴリー: 会員用お知らせ   パーマリンク